サニブラウンハキームの家族が偉大すぎた!オレゴン世界陸上、結果まとめ!

スポーツ
スポンサーリンク

 

2022年7月16日から開催されているオレゴン世界陸上。
中でも、「100mm」は陸上競技の看板という言われる競技ではないでしょうか。

今回、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手が100mm に出場し、
予選で9秒98(向かい風0.3m)という記録を叩き出し、予選を1位で通過。

そして、7月17日に日本人で90年ぶりとなる、100mm決勝に出場!
世界で7位のスプリンター。と認知した方も多いのではないでしょうか?

今回は、今後もサニブラウン選手に期待を持ちながら、サニブラウン選手の家族構成はどんなだったのか?画像も見ながらご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

 

サニブラウンがオレゴン世界陸上(100mm)予選を1位で通過!

サニブラウン選手が100mm予選を9.98秒を叩き出し、1位で通過することができましたね!

「予選」 実際の動画がこちらになります!

しかも、向かい風0.3mm で9秒98を出しています!
追い風だったら、もっと早くなるかも知れませんよね!

90年ぶりの快挙!ロサンゼルス五輪の吉岡隆徳ぶりの100mm決勝で7位!【動画】

「準決勝」 実際の動画がこちらになります。

記録は10秒05(追い風0.3m)で3位でフィニッシュしましたね!
そして、決勝はメダルには届かなったものの、初の決勝という舞台で世界で7位という結果を残してくれましたね!
スポンサーリンク

【画像】サニブラウンの家族構成を紹介!

サニブラウン選手の家族はどのような構成になっているのでしょうか?
実際の画像を見ていきたいと思います!
父・ラティフさん、母・明子さん、弟・ハナン君の4人家族みたいですね!
母の明子さんは、旧姓(伊藤明子)さん。
ハキーム選手は1999年生まれ。(2022年で23歳)
ハナン君は2006年生まれ。 (2022年で16歳)

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手はガーナと日本のハーフ!

父のラティフさんはガーナ出身。
母の明子さんは日本の福岡出身みたいです。
そのため、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手はガーナと日本のハーフみたいです!

父のラティフさんはサッカー経験者でスポーツ好き!?

父のラティフさんはサッカーを経験していたみたいです!
陸上に関わっていたか情報は定かではありませんが、
現在は東京都内でスポーツバーを経営しているみたいです!
スポーツがよっぽど好きじゃないと、経営できるまで行動を起こせないものですよね!
ハキーム選手や弟のハナン君も陸上をやるまえにサッカーをやっていたみたいです!
現在、弟のハナン君は「J1のアビスパ福岡U-18」に入団されているみたいです!
スポンサーリンク

ハキーム選手が陸上をやるきっかけとは…?母親が偉大すぎた!

母の明子さんは高校生のときに陸上をやっており、
100mmや100mmハードルでインターハイの出場経験があるみたいです。

現在は息子のハキーム君のサポートやコーチを主にしているみたいです。

はじめは父の影響でサッカーをやっていたハキーム選手ですが、

母親の一言で陸上界に進む決意することになったのです!
「団体競技は向いてない」
と言われ、小学校3年生で陸上を始めることになったそうです!
その結果が今回、
オレゴン世界陸上で100mm決勝に進出できたターニングポイントに違い無いでしょう!
ハキーム選手の母親に感謝ですね!
今後もオリンピックや世界陸上でさらなる期待を持って、サニブラウン・ハキーム選手を応援していきたいと思います!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました