MENU

【時系列】森昌文の経歴をわかりやすく!乱倫パーティで安倍元首相国葬の影響は?

 

安倍晋三元首相の国葬責任者である、森昌文(もりまさふみ)さん。

2022年8月19日、過去に乱交パーティに参加していたことが明らかになり、話題になっていましたね。

今回は、森昌文さんの経歴をわかりやすくお伝えしていきたいと思います!

目次

森昌文が乱倫パーティに参加していた!

2022年現在、安倍元首相の国葬責任者の森昌文さんが2007年に開催された乱倫パーティに参加していたことが明らかになりました。

2007年当時、参議院議員だった、大仁田厚さんが住んでいたマンションで女性を招き、パーティが開催された模様。

AV女優やキャバクラ嬢、20代のコンパニオンなど、合計7人の女性が集まり、男性は大仁田氏を含む3人が参加しておりました。

2007年の当時は匿名の国交省官僚として報じられていたが、その人が森昌史だったことがわかりました!

参加した女性によると、最初は合コンに近い雰囲気だったが、女性3人が先に帰宅すると雰囲気が怪しくなってきたと言われておりました。

 

2007年当時、森昌文は乱倫パーティーを隠そうとしていた!?

2007年、森昌文は週刊ポストの取材にされ、以下のように答えたと言われています。

2007年のパーティに参加した経緯は?

「いや、参加はしましたけど、乱痴気な会合ではないですよ。記事はウソ」

引用:Yahooニュース

と参加は認めていましたが、女性との関係性隠そうとしているように思えます。

続いて、週刊ポストが取材すると、このように答えました。

参加女性が全裸になっていますが。

「例えばですよ、暑い時にカーディガンを脱ぐじゃないですか。なぜ女性が脱いだのか、私が解釈することじゃない」

引用:Yahooニュース

責任を気候に押し付けているように思える回答でした。

ですが、2022年現在になり、週刊ポストの報道によって真実が明らかになったように思えます。

 

【時系列】森昌文の経歴をわかりやすくまとめてみた!

2022年現在、安倍晋三元首相の国葬責任者とされている森昌文さんですが、経歴はどのようになっているのでしょうか?

わかりやすくまとめていきたいと思います!

森昌文の学歴

高校は、東大寺学園高等学校卒業

大学は、東京大学工学部土木工学科卒業。

やはり、頭はとてもいい方のように感じますね!

森昌史の経歴

大学卒業後、1981年 建設省(2022年現在・国交省)に入省することになります。

1998年、アメリカ合衆国運輸省、道路庁に務める。

建設省土木研究所ITS研究室長を務めることになります。

その後、国土交通省で様々や役職に歴任します。

九州地方整備局福岡国道工事事務所長、

道路局高速道路課長、大臣官房技術審議官、道路局長などを歴任。

2015年に国土交通省道路局長に就任。

2016年に技監を歴任される。

2018年に事務次官に昇格。

となっています。

2022年現在の森昌史は?

2022年1月に岸田政権の首相補佐官(内閣総理大臣補佐官)に任命される。

2022年現在、9月27日に行なわれる安倍晋三元首相の国葬の実行幹事会首席幹事も務めているみたいです。

 

ですが、今回、乱倫パーティが公になったことにより
「国葬の責任者がエロ親父でいいのか」「国の恥でしょ」「まともなのがいない」

と様々な声が上がっています。

9月27日の安倍晋三元首相の国葬は一体どのようになっていくのでしょうか?

今後も注目していきたいと思います!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次