MENU

北村克哉の死因はステロイドの影響!?内蔵に負担かかりすぎて亡くなったケースも・・・

スポンサーリンク

2022年10月12日、北村克哉さんが亡くなられていたことが報道されました。

急は訃報で驚いた方も多いと思いますが、一体なにが起こったのでしょうか?

今回は、北村克哉さんの死因について詳しく調べていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

北村克哉さんが36歳という若さで死去。

元新日本プロレスのプロレスラーやボディ―ビルダーとして活躍されていた北村克哉(きたむらかつや)さん

ですが、2022年10月14日、に10月12日に死去していたことが報道されました。36歳という若さでした。

10月12日に体調に異変を感じ、自ら救急車を呼んで病院へ向かったみたいですが、その後に容体が急変した模様。

最近では、YouTubeチャンネル「バルクアカデミー北村克哉」という名前でチャンネル登録者数75000人もいるチャンネルを運営していました。

筋肉美女を脚トレで追い込んでみた」というタイトルで、女性とコラボしており、気な姿の北村克哉さんが写っていました。

実際の動画がこちら(2022年10月9日に公開)(16分12秒)

急な訃報で驚いている方も多いと思いますが、死因は一体なんなのでしょうか?

詳しく調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

北村克哉の死因はステロイドの影響!?下半身不随を起こした過去も…

実際には北村克哉さんの死因は明らかになっておりませんが、急な報道で気になる人が多いと思います。

北村克哉さんはボディービルダーということもあり、鍛えられた体に注目が集まります。

そこで、「ステロイドを使用しているのでは?」という疑惑が浮上するほどだったみたいです…

ボディビルダーは筋肉を増量させたり減量して仕上げたりなど、かなり身体や内蔵への負荷が遥かに大きいみたいです。
糖質や脂質を過度に制限した食事をしたことで、栄養失調に陥って死亡する方も多いみたいです

ほかにも、ステロイドを使用したことで、ドーピングをしたために血栓ができてしまい、亡くなってしまうケースも実在しているみたいです。

内蔵へ負担がかかり死亡の原因になることも考えられそうですが、ステロイドや薬物を使用したことで、さらに体調を悪化させてしまったのかもしれません・・・

実際にステロイドを飲み続けた場合、

長期間ステロイドを服用していると,副腎が 萎縮してステロイドをつくる力が弱くなってしま います。 この状態でステロイドの内服を急に やめると,体の中のステロイドホルモンが不足し、倦怠感,吐き気,頭痛,下痢,発熱,血圧低下などの症状が出現し,命にかかわる場合 もあります
引用:Google
「急に容体が急変してしまった」とニュースサイトで報道されていますので、可能性は十分にあるかもしれません。
スポンサーリンク

世間の声

ジムでよくお見かけしてました。少し前にも突然亡くなったビルダーがいて悲しい思いをしていました。彼も凄い筋肉量でしたが、北村さんの筋肥大が桁外れでした。
本当に悲しい。 SNS全盛の今だからこそ、今後日本でもどんどん増えていくと思う。 亡くなった原因は何なのかは分かりませんが、厚生労働省には医療行為以外のステロイドは禁止にしてもらいたいです。

今回の報道で「マッスル北村」さんを思い出した方もいる様子。

マッスル北村さんは、低血糖からの合併症によって、心不全をひき起こし亡くなられたと報道されています。

同じボディービルダーということもあり、照らし合わせてしまう方も多いかもしれません。

 

他にも詳しい情報が入り次第、更新していきたいと思います

 

スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次