MENU

アントニオ猪木の死因は2000人しかいない難病だった!症状で腸がはがれることも。

スポンサーリンク

2022年10月1日、アントニオ猪木さんの訃報が報じられました。

2000年代のテレビ番組などで大活躍されていたアントニオ猪木さん。「気合だ」という名言を知らない人はいないくらいだっと思われます

今回は、アントニオ猪木さんの死因について、徹底調査していきたいと思います。

目次

アントニオ猪木さんが死去

元プロレスラーで、参議院議員を務めたり、新日本プロレスを立ち上げ、プロレス全盛時代を築いたと言われているアントニオ猪木さん。

本名は猪木寛至(いのきかんじ)さん。79歳でした。

そんな国民のイメージは様々な名言を残しており、元気なお方と思われます。

そんな元気一杯で活躍されていたアントニオ猪木さんが、笑点メンバーとも関わりあった三遊亭円楽さんに続いて訃報が報じられ、とても悲しく感じます。

そんなアントニオ猪木さんですが、死因は一体なんなのでしょうか?

スポンサーリンク

アントニオ猪木さんの死因は心アミロイドーシスという難病だった!?

アントニオ猪木さんの訃報が報じられましたが、その死因は明らかに発表されておりませんでした。

これまでのアントニオ猪木さんについて調査していくと、「心アミロイドーシス」という症状を持っていたことがわかりました。

なんと、全国で2000人しかいない難病と言われているみたいです。

2019年の秋ごろから患っていたと公表されておりました。

自身のツイッターでも「元気ですか!」の精神でアミロイドを倒しますよ!と 言っておりました…

そして、実際の闘病画像がありました。

元気なイメージでいっぱいだったアントニオ猪木さんとは思えないくらい別人のように見えますね
腸が剥がれる。とても辛そうな症状のように思えます

スポンサーリンク

「心アミロイドーシス」という病は、一体どんな症状なのでしょうか?

アミロイドーシスはアミロイドと呼ばれる異常な蛋白質がさまざまな臓器に沈着し障害を引き起こす疾患です。

全身性アミロイドーシスは「指定難病28」として認められている難病で、アミロイドと呼ばれる異常なたんぱく質が全身の様々な臓器に沈着して機能障害を引き起こします。

引用:毎日新聞

もっと簡潔に言うと「正常ではないタンパク質が臓器に付着してしまい、機能障害が発生してしまう難病」というように思われます。

この病気の恐ろしいところは「全身性アミロイドーシスの原因は不明」

さらに、「予防できるものない」というところみたいです。

遺伝性と非遺伝性があるのですが、異常たんぱく質のアミロイドが生成されるメカニズムは解明されておらず、予防できるものではありません。遺伝性はともかく、非遺伝性は誰でも発症しうるものです。

引用:障がい者.com

また数少ない難病ということもあり、治療することも難しいように思われるみたいです。

そのアントニオ猪木さんの訃報に世間はどのように思っているのでしょうか?

世間の声

https://twitter.com/cymich_loool/status/1576010945394266114?s=20&t=MH5yzdUypEzWTkJqwo7DjA

2022年9月30日に笑点で活躍されていた三遊亭円楽さんの訃報。
翌日にアントニオ猪木さんの訃報が続いてしまいました。

その事実を受け止められない人も多くいるみたいですね。
実際にテレビで見ていた芸能人が亡くなってしまった。という悲しい思いはしたくないですね。

ご冥福お祈り致します。

スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次